うらじゃ参戦!
2018.8.4〜5
うらじゃ踊り
うらじゃメイクボランティア
 “第25回 うらじゃ 昇” に、県理美の踊り連“美踊獅”50名余りが炎天下の中、自分たちの舞いを披露しました。
 踊り子たちの迫力の演舞や個性豊かな温羅化粧に魅せられ、年々観客も増加しており、岡山の夏の風物詩の一つとなっているこのイベント。参加学生たちは、8月4日(土)、5日(日)の2日間、今まで練習してきた自分たちの舞いを踊りました。
 踊りが終わった学生たちは「やりきった!」とか「先輩と一緒に踊れてよかった!」など、時に涙を流しながら感動を分かち合っていました。さらに今年は、演舞内容・マナー・モラルを含めた総合審査で上位に贈られる「匠(たくみ)」を受賞し、学生たちにとって“特別の夏”になったのではないでしょうか。
 また、毎年参加している“うらじゃメイクボランティア”にも県理美から学生たちが多数参加し、一般のお祭りに来た方々にうらじゃメイクを施していました。
 参加した学生の皆さんをはじめ多くの関係者の方々、ありがとうございました。
 本当にお疲れ様でした。