介護を学ぶ -ハートフルな理美容業のために-
2018.1.24
座学 上着の着脱
車いすを用いての実習 杖を使っての実習
 今日(1月24日)は、昨年に続いて旭川荘厚生専門学院からお二人の先生をお招きして1年生を対象に「連携授業」を行いました。
 授業のテーマは、「高齢者・障害者に対するサロンワークの実践」。
 介護を必要とする人と関わる時の基本的な理論を座学で学んだあと、適切な介護・援助ができるよう理容・美容室を想定してロールプレイングを行いました。
 「杖を突いて来られる方や車いすで来られる方の誘導」、「シャンプー椅子への移乗」など、すぐ役立つ大変有意義な学習になりました。県理美ではこれからのユニバーサル社会に対応できる心も技術もハートフルな理美容師育成にも努めています。
 講師の先生方、ご指導ありがとうございました。

※ユニバーサル社会…年齢・性別・障害・文化などに関わりなく誰もが支え合い元気に活動できる社会。