九州豪雨へのお見舞い
2017.7.13
 このたびの九州豪雨で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 7月13日(木)、岡山県理容美容専門学校の学生と教職員を代表して学友会執行部4名と教員で、山陽新聞社へ義援金をお渡ししてきました。
 ご存じのとおり、九州北部を中心に発生した一連の集中豪雨により多くの方が亡くなられました。そして現在でも一部の方は不自由な避難生活を余儀なくされています。本校では、「何か出来ることはないか」という学生の声を形にしようと学友会執行部が学生に働きかけ、このような形が実現したものです。
 少しでも被災された方々の手助けになればと願ってやみません。
 被災地の一日も早い復興と、被災された方々の日常生活が早く取り戻せることを心よりお祈りします。