SBS接遇・マナー検定試験
2017.10.5
 朝夕は掛布団が恋しくなってきましたね。あの夏の暑さが懐かしくなるほどです。
 さて今日は、SBS接遇・マナー検定試験が行われました。
 敬語やクッション言葉などに関する筆記試験から始まり、そのあとは実際の面接を想定した形式での実技試験。学生たちはスーツを身にまとい、「歩き方」、「立ち居振る舞い」などの所作や、「5年後の自分について」というテーマの1分間スピーチを審査してもらいました。
 学生たちは、日頃あまり見せることのない緊張した面持ちで試験官の質問に応えていました。
 皆さん、お疲れ様でした。さらに一層、社会人としてのマナー・モラルを身につけ、人間力を磨いていきましょうね。